長野の愛ある情報を動画でお届け! リポーター Happy choice

長野の愛ある情報を動画でお届け! リポーター Happy choice
愛TVながの 公式ブログ

2017年2月9日木曜日

全国中学校スケート大会




長野市で連続15年間の開催が決まっているこの大会。
今年は10年目を迎えました。


リンクは鏡のようにピッカピカ✨
普段より氷の薄~いリンクは、予想以上にスピードが出てしまうので、
転倒してしまう選手もしばしばいます。



何かが起きる、この大会。大舞台には魔物がいると聞いたこともあります。
ここ数年、実行委員の一員として関わらせていただいておりますが、
毎年ドラマがあります。


この大会をもって引退を決めていたある選手がいました。
自分でも予測不可能なことが起こりました。
レース中、転倒者の巻き添えでリンク外に飛び出してしまったのです。
すぐ脳裏に浮かんだのは救急車です。しかしすぐに起き上がり、マットをまたぎ
再びリンクに戻り滑り始めました。
1人、抜かし、ゴール。
驚きと最後まで諦めない姿勢に、場内が拍手で沸きました。
本人はレースの後、号泣。悔しかったのでしょう。
引退を決めていましたが、再び高校へ行っても続ける決心をしました。


これは私が知っているほんの一例です。
学生の大会って、毎回ドラマが生まれている気がします。
高校野球の甲子園大会、あの番組を見ていてもそう思います。
応援にも力が入り、会場内はチームメイトや保護者、監督、コーチなど
の応援が響いていました。



私は表彰式で司会もしています。
日々辛い練習を乗り越えてきた選手たち。
ここで入賞する選手の名前を、
気持ちを込めて、明るく丁寧に呼ばせていただいています。
その時、元気に「いぇ~い!」と応えて表彰台に上る選手を見て、嬉しくなりました。

長野市、長野県の選手も活躍していました。
特に女子1500mでは1位と8位以外は全員長野県の選手が入賞しました。
先の国体に続き、中学生も頑張っています。



そんな全中スケート。あと5年間は長野市で開催されます。
来年はゼヒ皆さんも観戦に行ってみてはいかがでしょうか。



後藤美絵