長野の愛ある情報を動画でお届け! リポーター Happy choice

長野の愛ある情報を動画でお届け! リポーター Happy choice
愛TVながの 公式ブログ

2016年7月23日土曜日

男女共同参画サミット

7月22日、男女共同参画月間がフィナーレを迎えました。

平成28年度のこの月間の締めくくりとして、「男女共同参画サミット」が行われました。
今回、このサミットを見に行ってきました。




長野市は32の地区(地域)に分かれています。
また、地域ごとに、「住民自治協議会」という自治会があります。
自分たちの地域は自分たちでつくる
という都市内分権の理論の元、約7年前に発足しました。

この住民自治協議会が中心になって、各地域ごと男女共同参画について
様々な取り組みが行われました。
その取り組みを発表し合ったのが、このサミットです。



性別にかかわりなく、ということが男女共同参画の目指すポイントになりますが、
サミットでは、
まだまだ地域の自治会は男性社会だと
感じたことを発表された地区がありました。


また、地域の中に公園を建設する計画があり、女性の意見や目線も入れた方が、、
いい公園が造れるのでは、という考えからこの建設実行委員を
女性を中心に選出したという地区もありました。


その他、男女共同参画を理解してもらうえるように、講演会を開いたりして
地道に活動をし続けている地区もありました。


様々な意見が出るなかで、
みんなが関わってこそ、「地域づくり」ができる。
そんなことを改めて感じたのではないでしょうか。

今回のサミットでは地域の役員をされている方の目線が多かったのですが、
私が身近に感じるところでは、職場や家庭内。
20代・30代では、比較的男性も女性も関係なく働きに出て、家事や育児も協力し合っている
ように感じます。
自分たちの住む地域にも、自治会の中でも、もっと男女がお互いに協力し合って、よりよい地域づくりができるといいなと思いました。




このサミットの様子、またグランドフィナーレの様子は、
近日公開予定の動画でも是非ご覧ください。



               男女共同参画月間実行委員長の柳原静子さん。
               お話を伺いました。ありがとうございました。


後藤美絵